武将隊ブログ

愛の武録- 第27段

更新日:2012年10月23日

HgMFG-1.jpg IMG_1320.jpg NCM_0248-1.jpg

こんばんわ!兼続である。

今日は、この兼続が県外出陣の初陣となった名古屋まつりの土産話でもしようか。

初日、殿(景勝様)は会津への出陣で兼続は寂しくもあり殿の分も初日頑張らなくてはという不安を抱きながら名古屋は栄駅ようやく着いた、が、しかし、まず駅の出口の多さにより迷う上杉軍ッ!

何とか駅から出て会場まで歩く。
暑いッ!よもや10月後半の暑さとは思えぬッ!

何とか会場入りして、エンゼル広場なるステージで演武、ステージが狭く屋根も低い。

刀も上手いこと振れず、旗も上手くいかず!
悔しい初日となってしまったので2日目こそは、と思い複雑な気持ちのまま1日目を終えた!

我らの他にも各地から武将隊が沢山出陣してきておって、賑やかである!

気を取り直して2日目に備えようという感じで初日は終了した!

2日目に入り、朝外に出ると、やはり暑いッ!会場は更に暑いッ!
気温も然り会場の熱気が凄まじいッ!

2日目は銀河の広場なるステージと、初日に苦い思いをしたエンゼル広場のステージと2回演武をする!

いずれも午後からであったが、まず、銀河のステージ、ここも狭かったらマズいと思いつつステージに立つと、まことにもって広いではないかッ!

これは、昨日の苦い思いを断ち切るべく気合いを入れて演武するぞッ!と、強い気持ちを持って取り組んだのじゃ!

しかし、あまりにも気合いを入れすぎて、次のエンゼル広場へ移動し、着いたら戦国サミット以来の脱水症状の予兆が襲ってきた!
幸い、と言っていいのか微妙じゃが、かなり進行状況が遅れておったので、回復する時間はあった!

そして、いざエンゼル広場にて2日目の演武ッ!
今日は殿もおるからと思い、ここも気合いで、と思い、前に出て口上を言う直前ッ!なんと、ピンマイクが吹っ飛んでしまった!
が、そのまま口上を終えて群舞!
その途中、またピンマイクがッ!

心が折れそうであったが何とか群舞を終えて最後の決め!
その時、柄の部分の金具が無くなっている事に気が付いたッ!

その後の物語演武の中の旗での動きの時に、なんとッ!殿が旗を落としてしまうという事があった!

御館様もかなり苦戦したとの事!

エンゼル広場には魔物が住んでおるのか!?

という事で、今回の名古屋まつりに関して総合的に見ると、悔しいが敗北という感じであった!

次回は必ずやリベンジするぞッ!

そして名古屋から春日山に帰陣してきた昨日は、やはり我らは春日山が好きだと言うことを実感した!

という事で、
我らの本陣、埋蔵文化財センターの、馬上謙信公の銅像の写真!

そして、1週間程前の直江津鉄道まつりで、殿と共にご当地あいどるjo志校と撮った写真!
これは、前の武録には載せられなかったので今回は載せようと思っておった1枚じゃ!

そして、今回の名古屋まつりの会場で撮った清洲城武将隊桜華組の、信長と秀吉の2ショット!暗くて見にくいが許してくれ。

他にも武将隊ギャラリーに名古屋まつりの写真があるから是非チェックじゃ!

では、今日の所はこれにて!

カテゴリ:上杉武録 / 更新日:2012年10月23日 / 投稿者:兼続

コメント

3件のコメントがあります。

2012年10月23日 by かねやん さん

兼続さまおかえりなさい(^-^)/
無事におかえりなさってなによりです。
エンゼル広場には魔物いるようですね(笑)

ヒヤヒヤされたと思います。しかし肝の座った兼続さま乗りきったのでしょうね
現場を見たかったぁ。

信長さまぁ
噂のへそだし信長さまぁ〜どうなってるだぁ
上杉にもセクシー☆嫌々違うそんなの違いますなぁ
お疲れさまでした

2012年10月23日 by 和美 さん

お疲れ様でござ………魔物…沢山現れたのですなぁ(┳◇┳)

でも、皆様怪我無く無事で良かったです!

魔物は至る所に現れますからなぁ…というか…夏にあれほど

『兼続様の鎧兜は熱中症なりやすいんですから…しっかり水分補給して下さいね!』

と申しましたのに(┳◇┳)本当にご無事で何よりで御座います…

2012年10月25日 by From鶴岡市 さん

名古屋遠征お疲れ様でした。
え?兼続公はこれが始めての県外遠征だったのですか?それまた驚きです。
結構ハプニングもあったようですが、名古屋は今全国にある戦国おもてなし武将隊の発祥地ですので、こういう時全国のおもてなし武将隊が集結して盛り上がるんですね。名古屋のおもてなし武将隊はは発足してもう4年目になるとか。DVDも出ているそうですね。上杉家のおもてなし武将隊の皆様も名古屋に負けないくらい頑張って欲しいものです。
これから名古屋まつりの写真見に行きますね。

Comment Form

HOMEへ戻る このページのTOPへ