武将隊ブログ

「ふるさとは、噛めば噛むほど、味が出る!」※教えてください。固い(硬い)食!

更新日:2020年06月21日

KIMG1898.JPG KIMG1855.JPG KIMG1901.JPG

十吾郎「天の声さま~」
「6月21日です。6月第3日曜日です。父の日!です…。あ~早とちりして、先週の日曜だと思っていました~」

十吾郎「………。(汗)」
「本日は゛夏至。1年で最も陽が長い日ですな~!往時は、夏至に歯固めと称して正月の餅を固くして食べる習慣があったとか…。永遠の二十歳の拙者、大きな頭は顎が張り、固いものもしかと噛みきれまする。あっ!我らがふるさと越後は新潟県上越市!さてさて、固い(硬い)食と言えば何でしょうか~」

天の声『………。』
『融通のきかない固い頭ならば、まさに、口軽足軽だぞ~(苦笑)!』

十吾郎「あ、あ~(焦)!」
「な、何と呼びましたかな。大豆を炒って甘めにした味噌を絡める郷土料理。そして、日本海の恵み、こりこりのバイガイ。はたまた、塩スルメの天ぷら、するてん。噛めば噛むほど、うんまいですぞ~」

……………
※謙信公が春日山城跡!
雨が上がり、昼からは青い空に!昨日は(も)ありがとうございました。「お帰りなさい」「ただいま~」十吾郎(礼)

カテゴリ:上杉武録 / 更新日:2020年06月21日 / 投稿者:十吾郎

コメント

コメントはありません。

Comment Form

HOMEへ戻る このページのTOPへ